weeeeeeek
◎1日 あさぎさんと念願の初デート。
表参道で待ち合わせして、デルレイでクレープシュゼット。
その後イルミネーションの中をお散歩しつつショップで写真を買い
更に渋谷までお散歩しつつ
梅酒が美味しいお店の超個室(笑)でたっぷりトーク。
やっぱり岡田くんに関して(特にSPに関して)思うことは
すごくよくわかる、とっても楽しい時間でした。
あと私が一方的に昔話をしてしまったような気がして
ちょっと申し訳ない(汗)
またよかったら会ってください。
話したいことまだまだ沢山あります。

◎2日〜4日 仕事。
FNSの日は早目に帰れたので
リアルタイム(まさに帰宅直後)で見れました。
岡田くんの前髪に叫びそうになりつつも
隣に親がいたのでグッとがまん。
ちょっと伸ばして綺麗にセットしてもらったら
あんなにも美人さんになるんだってこと
実はちょっと忘れていたような気がします。

ananの男性の顔か何かの特集の時にも
ここに書いたことがあるけど
綺麗にしてればいいというわけじゃない。
でも、おもてと呼ばれるものが
綺麗であるに越したことはない。
外見だけでも、内面だけでもない。
どちらかを切り離して考えるのは違うと思う。
どちらもあってこその、その人だから。

歌は、私はあの曲はあんまり好きではないんですが
あの場所の雰囲気にはあってたかなと思います。
番組自体は今に始まったことではないけど
曲が多過ぎで長過ぎで偏ってる印象。

平家派は上手いと思うけど、何故組んだのかとか
光GENJIも含めその時代のことはよくわからないので
特に思い入れはないです。
今後オリジナルをやるならぜひ聴いてみたいけど
やってもいいしやらなくてもいいかな。
ただ坂本さんは異常にかっこよかったです。

◎5日 仕事の後、前職の店長が今いるお店で
仲間と集まって飲み会。
連勤中で疲れてたけど、行ったらすごく楽しかった。
戦場だったからこそ、その中で出逢った仲間は宝です。

◎6日 再び仕事。まだ若干余裕。

◎7〜8日 今年最後の2連休。
2日間に渡って、バーゲンかというほど服を買いました。
見るもの見るもの欲しくて泣きそうになるほど。
服は断然、冬服が一番可愛い!大好きです。
7日の夜には連休に浮かれて
再び店長の店で飲んじゃいました。

帰って来てミッションSP。
1時間SPだからといって特別なことはなく
相変わらず低予算のダメダメで
6人がわいわいぎゃーぎゃーしてました。
やっぱり彼らが好きだなぁと思うのはこんな時。

今日はSPツイッターからリポートがたくさん。
最後のアテレコでキャスト勢揃いだったとか
岡田くんと堤さんがペアルック的姿だったとか
井上薫を演じるのは本当に今日が最後だったとか
いつの間にSPにこんな温かいものを
感じるようになったんだろうな。
嬉しいような、ならば今までの感情は何だったんだろうとか
複雑な気持ちです。でも嬉しい…のかな。

あと金閣寺、誕生日公演行けることになりました。
なんだかいつもこんな調子で
なんの努力もしてないのに恵まれていて申し訳ない…。
舞台しっかり観て、しっかりお祝いしてきます。ありがとう。


そんな充実した1週間。
そして今週末はTDSです。
今年のクリスマス期間は本気で寝る時間があるだろうか
という恐怖に晒されているんですが
いろんなところからパワーを貰っているので
きっと頑張れます。


繁忙期の間
先日ショップで買った写真をロッカーに貼ろうかと
本気で思ってるんですけど

どうですかねどうですかね。
days comments(2) -
12月
テンプレート変えたかったわけじゃないんですけど
話せば長くなるんですけど変わってしまいました。

今日はあんまり時間もないので
また少しずついじっていきます。
もしも見難いところがありましたらすみません。

あ、絵文字使えるようになったんだなぁ…。
いや使わないけど
info comments(1) -
心の鍵
今日は3回目のSPを観て来ました。
先日の舞台挨拶のお礼的な意味で。


こうして何回か繰り返して観て
誰がどんな感情を抱いているのかが
やっとわかってくるような気がしてきました。
徐々に上がってくる井上の憤り、ラストの叫びとか。

連ドラの頃にもここに書いたけど
井上の過去を初回から合間合間に挟んでおけば
井上薫という人がもっと始めから掘り下げられて
全体に深みが出たと思う。
合コン好きで空気読めないとかどうでもいいし
今となっては完全に忘れられてるキャラ設定だし。

「映画館へ続くにはしたくない」と言っていた高井P。
最初から映画化する予定ではなかったと信じたい。
だったらどこまでやるつもりだったのかはわからないけど
とにかく人間の描き方とストーリーの流れが合ってなくて
関係ないところに凝ってて肝心なところが雑で
イライラすることが多かった。
なのに内輪ではどんどん盛り上がってて
本当に理解できなかった。

この野望篇の中では、苦悩しながらも信念を貫く
井上の瞳にブレがない。
(手錠持たないのにハンカチは持つんだとか
つっこみどころは多々あるにしても)
だからドラマの頃よりは映画はスッと観られる。
革命篇を早く観て、すべて知りたいとも思う。
ドラマの最終回のように酷いことにはならないだろうという
期待も持っていいと思う。


キャストスタッフの熱さと信頼関係と
困難を乗り越えて生まれた作品という背景と
躍動感満点のテーマ音楽に
言い方は悪いけど騙されそうになる。

それでもいいから、上手く騙してください。
大好きな人の宝物を
もう嫌いだと思いたくない。
最後は拍手で終わりたいです。



ここだけの独り言。
うちの紙袋が映っています。
そんなことだけど、嬉しかったよ。
okada comments(4) -
信じて 胸の中の灯を
12年の想いなんて、いろいろ在り過ぎて
もう何を書いていいのかわからない。
多分無条件に好きだと思ったことは一度もなくて
いつもいつも「どうしても好きなのをやめられない」と言ってきた。
ほんとに好きなのかどうかわからない時もあった。

それでも今日こうしてここにいる。
おめでとうとか
ありがとうとか
大好きだよとか
そんなことのくりかえし。




SPを手放しで好きと言えない私が
今日の舞台挨拶に入ってしまったことは
やはり申し訳ないと思っています。
誕生日じゃなければ行くことはなかった。
お友達に感謝の気持ちと、すべてのSPファンの方に
ごめんなさいの気持ちでいっぱいです。

SPが始まった07年からずっと苦しかった。
大好きな人が魂を込めて作り上げてるものを
どうしても理解できなくて心から悩んだ。
ファンでいてはいけないような気さえした。

それでもやっぱり、私は岡田くんが好きでした。
ただ彼の幸せが嬉しかった。
今日の笑顔を、ずっと忘れない。



いくつでも、いつでも変わらない
いつまでも凛と生きようとする
つよい瞳の岡田くんでありますように。

生まれてくれてありがとう。
そこに生きて、輝いていてくれてありがとう。
岡田くん、V6がいるから私は頑張れる。
負けない自分でありたいと上を向くことができる。

おめでとう。そしてありがとう。


Happy Birthday.

okada comments(0) -
NEXT


素敵な贈り物ありがとう。
いつもいつも、幸せをありがとう。
Happy Anniversary.
この光の道が
少しでも長く続きますように。


まずReady盤の特典映像から観ています。
ドキュメントはカミコンのとよく似てますね。
ぼかしたり後ろ姿が多かったりアーティスティック。
ルーレットのトークは
当たり前だけどやっぱり結構カットされてるけど
お題を全部入れようと思ってくれたことに感謝です。
オーラスのアジアツアーについては全部入っててよかったな。
Channel-@復活はかなり期待してたんだけど
何故2008年に偏ってたんだろう。
あんまり資料がなかったのかな?
個人的にはVoyagerで出た時が一番おもしろかったかも。

明日はAちゃんとIさんのおうちにお泊まりで鑑賞会です。
本編楽しみ。
Airとか羽根とか…いろいろ思い出しそうです。





今日はSPを観て来ました。
有楽町とどっちにしようかなと思ったけど
久しぶりに東京タワー(建造物)が見たくなったので
六本木ヒルズに行ってきました。

1日のサービスデーということもあるし
キャパが小さいということもあるけど
結構入ってました。夜はもっと入ってるかも。
事前にネットで座席指定しておいてよかったです。


アクションはやはりかっこいい。
でも冒頭は正直長いですね。
その他相変わらずつっこみどころは満載でしたが
完結編を期待できるような切り方にはなってたと思います。

井上薫や尾形総一郎というのがどういう人間なのか
ドラマでの描かれ方が薄かったので
今こういう状況になっても、あまり感情移入できない。
最後の叫びはかっこよかったですけども。

隣の人が「おもしろかった!」って言ってたのは
ファンとして複雑ながらも嬉しかった。
岡田くんに残念な思いはさせたくない。
でも、これでいいんだとも思って欲しくない。


15歳、そしてSP公開おめでとう。
きっとすぐにまた次の扉がある。
嬉しいことも悲しいこともみんな越えて
生きてる限り何度でも始まるよ。
V6&Johnny's comments(0) -
your special
「20代後半のすべてを捧げて」を
そんなに連呼しなくてもいいんじゃないと思うんですけど

実際にすべてということはなかったと思うし
気持ち的にそうだったとしても口に出すことではないと思うし
だからもう少し言い方とかって話になるわけですけど

そんな私でも映画はなるべく早く観るつもりです。
1日の午前中ぐらいに行こうかな。
有楽町と六本木どっちにしようかな。
とかファンらしいことも考えています。

ざっと感想など見てみましたが
アクションとテーマ音楽はやはり評判良いですね。
ドラマ当時からそうだったので間違いないでしょう。
単純にそれだけを楽しめるように
何も考えずに観た方がいいんだろうけど
それは岡田くんの本意ではないだろうな。


公開おめでとう。
あなたの大切な宝物であるなら
出来れば私も、それを大切だと思いたいです。
okada comments(0) -
失くしたり見つけたりのeveryday
昨日のスマスマが終わってから
SMAPファン(特に木村さんファン)の感想が気になって
思わずブログ巡りをしてしまったのはきっと私だけ。

バラエティなんだしどこまで台本かもわかんないし
本気になったらいかんと自分を抑えつつ。
でもでも「これといって普通」はないわー。
自分だってGRで声の専門家の先生に
「僕の声はどうですか」とか聞いて「普通」とか言われて
番組終わりまでひきずってたくせにー。

言い方ってもんがあるよね?とか
もう少し言葉選べないのかな?とか
この12年間で何十回思っただろう。
言った言葉が曲解されるって悩んでたけど
原因は自分にもあるとは思わないのかな?
って、こんなこと書くのも何回目かなとか。

それでも好きなんだからほんとに疲れます。
うん。楽しみにしていたビストロは
楽しかったけどなんかとっても疲れました(笑)

まあ。そもそも今のビストロの形式がよくないなってことで。


あ、中居くんは何故いきなり小龍包を食べたの?って
ブログに書いてる人が何人かいましたが
あれはその前に小龍包にむせちゃった岡田くんへの
中居くんの優しさだと私は勝手に思ってました。違うのかな。
okada comments(0) -
花の名前
久しぶりに予定のない、雨の休日。
家で溜まっていた片付けものをして
掃除と服の入れ替えをして
見てなかった録画をいろいろ見ました。

ボクらの時代で指を鳴らしたのにちょっとときめいたり
SP再放送のクランクアップ映像にやられたり。
やっぱり自分ファンなんだなぁって思いました。
涙とか反則ですよね…ずるいよ(笑)

今週ますます怒濤のテレビ出演だし
地方巡業もとんでもないらしいし
何より以前から鬱陶しいほど語られて来た熱い思いで
本気で頑張ったことは痛いほどわかる。
やっぱりファンだから、その結果は出て欲しいと思う。

学生のサークルとは訳が違うから、頑張ればいいとは思わない。
プロとして公開する以上は、その作品がすべて。
私はSPのドラマがどうしても好きになれなかったので
本当は続きも気にならないんですが
映画は絶対に観ます。
逆に裏切られることを僅かに期待しつつ。

SP映画に関してここまで一切ノータッチを通して来て
作品を観るまでは何も言わないつもりだったんですが…
だから泣くとかずるいって言ってんだよ。
もう(笑)


ミッションは2回目にして若干テンポがよくなったかな?
初回のグダグダぶりは酷かったんでね(笑)
15年経ってますますいい感じな彼らにほっこりします。


なんと私、長野くんB.Dにお祝いを言ってなかった(!)
ツイッターでも言ってなかった(泣)
すみませんすみません。
ミッション野球編であらためてわかったように
長野くんの運動神経は本物だと思います。
あんまりにもさりげなさ過ぎて
運動会でもなかなか評価されなかったのが悔しい。
ええと、38歳(!)おめでとうございます。
いつまでもキラキラで謎な長野くんでいてください。

坂本さんの舞台はよかったです!
いまさらだけど、フットルースは観ておくべきだったなぁ。
次の舞台もなるべく行きたいです。


剛くん舞台は、とりあえず初日を確保して頂けたようです。
4作品中3作品の初日を観られているとはなんとも有り難い。
しかしあの収容数でこの激戦ぶりは
どう考えてもFC枠が少ないですよね?
誕生日もちょっぴり行ける気になっていたので残念なんですが
なんとか探せないかな…と考えていたり。
剛くんの本気にまた会える。
立ち会えることに心から感謝します。


地の底まで落ちていたファン心が、少しずつ戻って来る。
枯れても枯れてもきっとまた咲く。
その花の名前を、愛と呼ぶのでしょう。
V6&Johnny's comments(0) -
if
これまで愛読してきた素敵ブログさんたちが
続々と休止または開店休業状態になっているのは
全く人のことは言えないとはいえちょっと淋しい。

私の場合はとにかく仕事三昧なためと
Vについて書くことがあんまりないためと
ちょっとのことならツイッターで
事足りてしまうためですが
みなさんもそんなところなんでしょうか。

とりあえず今日はお休みだったので
未見だった少クラプレミアムとクマグスを見て
読んでなかったananとポポロを読みました。
剛くん舞台もまだ振り込んではいないけど
3回か、もしかしたらもう少し観劇する予定でいます。
面倒くさかったりあえて避けてる話題もあるけど
ツイッターのお陰もあり、そこそこ情報は入ってます。

夏は少し友達と会ったりTDRに行ったりした以外は
本当に仕事でいっぱいいっぱいな日々でした。
というか今でも続いていて、おそらく来春まで続きます。
オタク活動がないわ遊ぶ時間がないわとなると
お金って減らないものですねえ。
あの時岡田くんに嵌まらなかったら
本当に人生違ってただろうな。
もちろん多大な感動を貰ってきたんだけど。

ananとポポロで岡田くんが
「V6が大好きだなって心から思う」とか
「求められるものに応えたい」とか
ファンにとっては嬉しいことを言っていますが
まあ岡田くんの言うことは
個人的には3割差し引いて聞いてるんですけど(笑)
SP終わって気持ちが一区切りついたならいいなと思います。
私はやっぱりVが好きだし、岡田くんが好きだと思う。

10月は思いがけず、坂本さんの舞台を観ることができそうです。
坂本さん舞台はなんとシェルブール初演以来なので(!)
とても楽しみです。
ライブDVDも非常に楽しみにしています。
特典映像も素晴らしい内容なようで、avexさん感謝です。


あの時岡田くんを好きにならなければ。
たらればはあまり言っても意味がないことだけど
後悔していないか?と聞かれたら多分答えに迷う。
この生活はいつかは終わると思ってきたし
正直終わりにしたいとも思ってきた。
でも、何度もここにも書いてるけど、やっぱり好きだった。
それはそれで仕方ない。
ただもう時間に流されていては本当にだめだ、とつよく思う。
大好きな彼らに、好きにならなければよかったなんて
絶対に言いたくないから。


ものを作る人になりたい。
幼い頃からずっとそう思っていた。
その夢は今半分は叶っている。
あと半分のために動くべきか、ここでもう少し頑張るか。

叶う夢も叶わぬ夢も
かけがえのないものだよ

あのキラキラの人たちに、負けない自分であるために。
days comments(0) -
小さな恋のおはなし
新曲、ようやく聴きました。
ちゃんと発売日に届いてたんですけど…。

私だけかも知れないけど
新曲やライブDVDが届いてもなんとなく
すぐに観たり聴いたりできないんです。
昔はそんなことなかったんですけど
何故か年々、覚悟みたいなものが必要になってきて。

なんでなんだろうな。
大抵は満足して感動するんですけど。

今回は特に、今までになかったタイプの歌が多くて
どれもよかったです。
でもやっぱり一番感動したのは『12ヶ月』。
いつまでもカミに対してこういう感情は
ほんと失礼だと思うんですけど
あのカミが、と思うとやっぱり泣けます。

朗読があるというのは前もって聞いていたので
それほど驚きもせず笑っちゃうこともなく
むしろカミの声が歌とぴったり合ってて
すごくよかったな。内容も可愛い。

『Sing!』はトニコン当時から好きだったけど
ゴスペル調?のアレンジが良くて
ますます好きになりました。

iTunesというのは曲間がほとんどないどころか
曲終わりと次の曲がダブったりするんですけど
このボーナス盤の4曲は曲の雰囲気が似てるというか
続けて聴くのがむしろ自然な気がするというか
とにかくすごく好きです。みんな好き。

そして『Crank it up!!』。
とにかくすごくかっこよくて
何で今ライブがないんだろうって思ったら
別の意味でちょっと泣けたりして(笑)

こんなに好きな曲ばかりの中で
メインの2曲が今ひとつ好きになれないのが
本当に残念です。
『Crank it up!!』みたいなのを
一度シングルで出してみて欲しい。
Vはその魅力を内に秘め過ぎてるよ。


今週もにこ健に癒されました。
私はファンレターというものを書いたことがないけど
今の健くんには伝えたいことがたくさんある。
ありがとうの気持ち。未来への願い。
ただあなたたちを好きだということ。

だから会いたい。何よりもそれが一番。
V6&Johnny's comments(0) -
<< | 2/95 | >>