花よりもなほ

初日上映&舞台挨拶観てきました。

あらすじや撮影に関してなどの予備知識がほとんどないまま臨んだんですが、印象で言うと…淡くて穏やかな、あたたかい作品だと思いました。
「仇討ち」がモチーフな以上、その描かれ方がいいかどうかは疑問だけれども。

憎しみからは何も生まれないし、忠臣蔵が美談だとも思わない。それにしても何か…改心すれば人を殺しても許されるのか…?と。加害者の家族の気持ちを考えてかと思うけども。残された子供に同じ気持ちを抱かせないために。だからこそおさえさん(りえちゃん)はひとりで耐えてきたんだろうし。…にしてもなんか…なんか…お父様それでいいのか…?と…。悪いとは思わないけども、ちょっとすっきりしないなと言うか。
長屋の人々や生活とちょっとごちゃごちゃになっちゃった気もします。ちょっと描く人が多すぎたような。焦点がややぼやけたような。
忠臣蔵の知識だけは持って観た方がいいと思います。でも忠臣蔵好きな人にはあまりお薦めできないかも…。

作品の色と言うか、雰囲気は好きでした。もう一度観たくなりました。
岡田くんはすごく良かったです。岡田くんの今の状況はかなり持ち上げられ過ぎだと思うけども(今、本屋に岡田くん表紙の雑誌が幾つあることか!)俳優としては着実に魅力的になっていると感じます。今回は特に岡田くんぽい役だったし、と言うか岡田くんの意見も踏まえていたみたいだし、やりやすかっただろうな、と。

舞台挨拶は豪華メンバー。是枝監督、岡田くん、りえちゃん、新太さん、子役の田中祥平くん、田畑智子さん、上島竜平さん、千原靖史さん、キム兄、寺島進さん、そして絶対来ないだろうと思ってた原田芳雄さんや浅野忠信さんも来て、総勢12名でした。りえちゃん可愛かったなー。そしてやはりキム兄はいい。とても楽しそうで和やかな仲間達でした。(隣で上映している「海猿」に掛けて)『花よりもなほをドラマ化をした後、続編を映画化したい』なんて監督は言ってましたけども。いやそれはやらなくていいんですけども。それよりも『岡田くんを知能犯役で撮ってみたい』というのを是非実現させて下さいませ。そろそろ悪役が観てみたい。

最後にY嬢。いつもいつもほんとにありがとう。楽しかったです。夏コンの前に、来月も会えたらいいね。…かなり厳しそうだけども(苦笑)
event repo comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://lgo.snow.bambina.jp/trackback/63662
<< NEW | TOP | OLD>>