Coming Century '03
Coming Century TOUR 2003
"Coming with me!!"
2003/10/19(sun)-12/7(sun)


☆SET LIST
☆感想

******
Come With Me
強くなれ
Gravity Graffiti
HAVE A SUPER GOOD TIME
I'M HAPPY MAN
sayonara sayonara/KICK THE CAN CREW
Wild Style
MASSIVE BOMB*
いいじゃない。
EVERY DAY
男前/HY(岡田)
UNLIMITED
SHODO
COSMIC RESCUE
-----MC
Guilty/EXILE(森田)
Don't Stop The Refrain
ドギ☆マギ Wonderland
Born to run
silver bells
恋のシグナル
Like I Love you/Justin Timberlake(三宅)
MISS YOU TONIGHT
Kick off!
Top Checker
僕の告白
Be with you

アンコール
夏のかけら
LOOKIN' FOR MY DREAM

Wアンコール
Happy Together!*
大丈夫*

トリプルアンコール
Theme of Coming Century*
******
>>top

●このレポのために、第一次申込受付案内の紙を見返してみたんですけど…『関東・東海・関西公演 未定』って書いてあるんですけど…このお知らせいつ届いたんだったかなぁ。オーラスが国際フォーラムだと知って愕然としたのは夏コン代々木会場内だった気がするんですけども。〆切まで1週間とかしかなかったんでしたよね。おそろしい。

●とにかくバタバタしていた時期。岡田くんはエレクトラの稽古をしながら代々木公演をやり、エレクトラ公演をしながら末っ子長男の台本を読み、末っ子長男を撮りながらカミコンをやり、カミコンをやりながら木更津映画の宣伝をしていたという殺人的スケジュール。なのに疲れた様子も見せず、ソロコーナーに元気なダンス曲を持って来たことが嬉しかったです。そして一郎くんヘアがとにかく可愛かった!

●(確か)Come With Meの間奏で3人がバット持って来て、サインボール?を客席に打つところがあるんですけど、剛くんがツアー中見事にまったくヒットせずだったようで、ちょっとでも当たった日には拍手喝采でした(笑)

●I'M HAPPY MANの映像の内容つながり(なんだっけな。3人で花持って車に乗ってたりしたような。)で、sayonara sayonaraでは3人して超おデブちゃん着ぐるみ。でもけっこう機敏に踊ってました。キックボードに2人乗りしたり。映像はおデブ姿でジムに行ってダイエットに励む姿(ほんとにあのカッコで行ったんだねえ…)。

●MASSIVE BOMB。サビでは天井から吊ったゴムチューブ?に乗ってジャンプする3人。健くんと岡田くんは上下に跳ねるだけでしたが、中央にいる剛くんは階段の上からブランコのようにダイブ。客席前方に足突っ込んじゃってました。あれ怖かっただろうなぁ。(この歌はやってない会場もあったと思います)

●ドギ☆マギ Wonderland。この歌をアルバムで初めて聴いた時はちょっと懐かしいような、どちらかと言えばトニっぽい歌だと思ったんですが、観てみたらカミにすごく合ってました。振付けも可愛かったし。ダンサーさん達もなぜかレインボーアフロ被っててポップな感じ。この歌もっとやらないかなぁ。

●恋のシグナル。途中から健くんがソロ準備のため抜けて、剛くんと岡田くん2人に。歌終わってお辞儀した後ハケる時に、少し顔を見合わせてからゲッツでハケていくのが可愛かったです。

●今回はなぜやらないんだろうと言われていたTheme of〜。オーラスの最後の最後にイントロが流れた時の、あの大歓声。会場揺れましたマジで。みんな待ってたんだなぁ。やっぱりカミコンにはこれがないとね。

●01年からダンサーをつけて、大人っぽくかっこよくなったカミコン。それも3年目になると少しマンネリかな?と思うところも正直ありました。全体的にはそんなにびっくりするような感動はなかったかも知れません。とにかくこの年は忙しすぎて、特に岡田くんは地方2日間公演でも一度東京に帰って撮影、翌日また戻ってコンサートというようなこともしていたし、オーラス東京でさえなぜか巻き気味で終わってしまって、すごくもったいなかったような気がします。
この年から08年6月現在までカミコンは行われていないわけですが、今やったらどうなるだろう?というのは本当に観てみたい。カミにとってカミとはなんなのか知りたいし、なぜこんなにもカミコンを望むのか知って欲しい。6人ではない、3人にしか出せない光があるということを。

>>top

>>戻る
con repo - -
<< NEW | TOP | OLD>>