Love Letter
おめでとう。
ありがとう。
大好きだよ。

Happy Birthday.
go comments(0) -
熱くなりたくはないかい


****** 戯曲を読んでの感想少々。ネタバレ少々。


舞台を観る前に読まなかったのは
ネタバレを回避したかったわけではなく
単に話に興味が向かなかったからで
観てからも内容について理解しようとか
深く知りたいとはあまり思いませんでした。

でも私はやっぱり剛くんが好きで
このままにするのは嫌だなと思い
剛くんを理解するために、読むことを決めました。

読んでみてわかったのは
話の流れから細かい台詞まで
本当にほぼ原作通りだったということ。
群像劇、集団朗読劇ではあるけれど
核になるのはやはり良(剛くん)だということ。

退屈を嫌いてんでに勝手な言動をする底辺の町の人々と
祖国だ革命だ自由だと憤る若者と
この作品では交わることのないそれぞれの話に
もしも共通する点があるとしたら
人は叫ばずにはいられないものなのかな。
意味がわかっていても、わからなくても。


「難しかった」「すごく頭を使った」と感想を書かれた
ブログをいくつも読ませてもらって
冒頭の猫の件だけで観る気が失せてしまった自分とは
大違いだなと少し反省しました。
台詞は本で読んでみたらだいぶわかりやすく
舞台で観るよりも淡々としている印象でした。

ラストの場面。
くだらない話を続ける人々と、新聞を読み続ける人と
記者の質問攻めと、良の独白が混ざり合う場面は
文章で読んだら象徴的なのが理解できる。

舞台で観せられたものは私にはきつかったけれど
戯曲は読んでみてよかったと思いました。
そして全力の剛くんを、もう一度観たいと思えた。

なんとか調整をして、もう一度立ち向かう。
でもきっとまた
目を背けてしまうところがあるだろうな。

見たくないものから目を反らして
綺麗なものだけを集めるのは
弱いかな。間違ってるのかな。
go comments(0) -
自由って一体なんだい
****** ネタバレなし。感想少々。

『血は立ったまま眠っている』
初日に観劇させて頂きました。

手持ちのチケットはこの日のみでした。
この先のことは未定ですが
私自身の率直な思いとしては
剛くんが出ていなければ決して観なかった舞台であり
剛くんを観たいが為に行くというのも違うような気がして
なんとなく、もう観ない方がいいのかなとも感じています。

とりあえず細かい感想は保留にしますが
出演者の方はみんなとても良かったです。
剛くんに至っては余裕すら感じるほど。
窪塚くんは異様に格好よく、オーラがありました。
そして役名のない役の方々が
かなり存在感があった気がします。
原作は読もうと思わないけど、剛くんの役は本来主役ではないのかな。


新しい扉を開ける剛くんが観たかった。
おそらく好きな作品ではないだろうと思いながら
剛くんを好きな者としてそれだけは願っていました。
カーテンコールの剛くんはとても笑顔で
何度も手を振っていました。


長い長い詩を聴いたような2時間半。
時代背景を理解してもう一度考えるか。
すべて悪い夢だったと思おうか。
go comments(0) -
Coolな感じで
剛くん舞台、全部外れちゃいました。
初日や楽は仕方ないとしても
平日外れたのは初めてなので正直びっくりです。

一般で取れる気はまったくもってしないので
やっぱりコクーンと言えば当日券かなぁ。
19時開演だからそんなに長い時間ではないですよね?
繁忙期で体が辛いと思うんで
立見に耐えられる時間だといいんですが(←勝手)。

バレンタイン時期はまず無理なので
なるべく初日かそれに近い日に一度観たいです。
楽はどうだろう…観たいと切望するようになるのかな。
どうなんでしょう。
なんか内容とかも全然知らないし
未だに実感がないんですけど…
こんなんだから全滅するのかな(汗)

(あ、ちなみに全滅と言っても
3公演しか申し込んでません。)


まあそんなことは関係なく
剛くんには思いきり輝いてもらえればいいです。
まずは無事にアジアから帰ってきてください。
まだ行ってないのに敢えて言うけど、早く帰ってきてください(笑)
go comments(0) trackbacks(0)
Anyway Anytime


お友達のおうちで、剛くんBDのお祝いをしてきました。
本番ガールで臨んで結局グダグダになった挙げ句
運ぶ途中で傾けて崩壊させてしまった自作ケーキと
(写真とかとても載せられない…本当にすみません(泣))
モツ鍋、お肉いろいろ、サラダ各種、ナムル、おにぎり
そしてシャンパンにワイン、ビールにカクテルと
なかなかのホームパーティー(笑)でした。
雑誌の剛くんの写真に向かって「おめでとう!」と言い
ロウソクを吹き消す女子3人…。
たまにはいいですよね?だって好きなんだもん(笑)


剛くんが30歳になりました。
幾つだからどうというわけではないけど
「Coming Century」が30歳に、というのはやはり感慨深い。
と同時に、ほんの少しの不安もありました。
でも今の剛くんはすごく前を向いていて、今までにない力を感じる。
大きく動き出す前の振動を感じています。

幾つでもいい。いつでもどこでもいい。
その天性の感性と誰にも負けない光。
どうか埋もれさせないで。
無条件に愛してます。

Happy Birthday.
go comments(0) trackbacks(0)
この熱が冷めないうちに


泣くかも知れないと思った、剛くんライブオーラス。
大阪から来るお友達に会うために
少し早めにお台場に着いて
観覧車に乗ったりしました。
写真は観覧車から見た会場。
撮影はY嬢(カメラはCyber-shot!)。ありがとう。

開演直前に降り出した雨。とても寒い日でした。
でも会場は、やっぱりあたたかかった。

出来るだけ憶えていることを残しておきます。
続きを読む >>
go comments(2) trackbacks(0)
anyway


今日、剛くんライブオーラスの後で
お友達と打ち上げをして
その帰りに、少し早いBDプレゼントを頂きました。
リラックマ湯たんぽです。
今日は本当に本当に寒かったけど
心はとってもあたたかくなりました。

いっちゃん、Y嬢、S子嬢。いつも本当にありがとう。
Iさんもありがとう。
かこさんもいつもありがとう。

剛くんはこの2週間
何度も何度も何度も、ありがとうと言いました。
ファンのみんながいて、V6があって
こうしてソロでコンサートが出来ると言っていました。
剛くんからの感謝の気持ちを受け取って
会場はとてもあたたかかった。

オーラスの出来事、写真、セットリスト
参加した6公演を通した感想は
近日中に更新します。
今夜は、私のまったく個人的なこと。
(結構どうでもいいことです)


私は約10年間、岡田くんのファンだと言って来ました。
今、ここまで剛くんを好きになってしまって
岡田くんがほとんど頭の中からいなくなってしまって
自分でもとても戸惑っています。
別にどうということはないと言われるだろうけど
私にとっては結構な事件です。
もちろんこの先どうなるかはわからないけど。

原因を考えてみるならば
前々から岡田くんとは考え方が違うと感じていたところへ
SPで決定的にそれに気付かされて
さらに同時期に剛くんのIZOがあって
そしてソロライブがあって
もともと特別なところにいた剛くんが
雲の上から心に降りて来たんだと思います。


何度も何度もお台場へ向かいながら
いつもどこか申し訳ないような気がしていました。
私なんかが、こんなに何度も入っていいんだろうか。
今回入れなかった方がたくさんいるのに
私なんかがこんな気持ちで楽しんでいていいのか。
今日のオーラスを会場の敷地外で聴いていた人たちを見て
ああ、幸せだった!とは言えない気持ちになりました。

そう言いつつも
おそらくあるだろうと思われる全国ツアーに
きっと走らずにはいられない自分に
ますますどうしていいかわかりません。
今回遠方から来ることができなかったファンの方に
観てもらうチャンスに割り込んでまで
さらに楽しもうとしているんだ。自分は。

もちろん地方のファンの方でもたくさん入って
東京のファンでも入れなかったということもあるだろうし
チケットを手に入れるのも時間とお金を作るのも努力だから
そんなことは考えても仕方ないんだろうけど。


…何言ってるのかわからなくなってきた。
ほんとどうでもいいですよね。すみません。


岡田くんを嫌いになったわけでは決してありません。
そして剛くんが好きと言っても
今まで岡田くんを好きだと思っていた気持ちとは
やっぱり違って
例えば剛くんがラジオの公録やロケをしてるとかいっても
私は多分見に行かないし
何をしてても好きだと思う分
ある意味そんなに知りたいとは思ってない。
いつ結婚しても多分そんなにショックはない。
私はやっぱり、ステージにいる剛くんが好きなんだ。


今まとめられる気持ちじゃないから、今夜はここまで。
剛くんもやっと眠れてるかな。
幸せな眠りだといいな。
そう願えることが嬉しい。
ありがとう。
何度も手を振ってくれて、ありがとう。
go comments(2) trackbacks(0)
俺が楽しい
日頃の行いがいいもんで
金曜日は20時半まで仕事だったのに
今日は18時前には片付いていました。
今週2度目の新幹線移動。
会場に入ってみるとちょうどVTR中だったので
あまり邪魔することなく着席することができ
その後、約1時間も楽しめました。奇跡です。
神様ありがとう。S子嬢ありがとう。

今日は本当にしんしんと寒いです。
剛くんもみなさんも風邪などひきませんように。
早く寝るんだよ(←剛くん)。

以下8日(もちろん途中から)の覚え書きです。
続きを読む >>
go comments(0) trackbacks(0)
お兄さん
今日も元気にお台場へ。
今日は仕事帰りだったので
久しぶりに新幹線で品川に出ました(笑)
絶対に遅刻すると思ってたのに
乗り継ぎが異常によくて
6時過ぎにはテレポート駅に着いてました。
同じく仕事帰りのお友達と合流して会場へ。
休日と平日を2回ずつ入りましたが
なんとなく開演前の空気が違いますね。
どこがって言われると困るんですけど(笑)

今日は大方の予想通り、いのっちが来ました。
私の席からは、入って来た時からすぐにわかりました。
MCになって、剛くんが
「メンバーも来てくれて…最初が長野くん。次が健。で、坂本くん。
こないだが岡田。となると次は…?」と言うと
客席からは「いのっちー!」と。
「今日は井ノ原くんが来ています!」と剛くんが紹介すると
いのっちはステージ上がりなよとも言われてないのに
席を立って歩き出す(笑)しかしその服装が
グッズのキャップとポロシャツ着用までは想定の範囲内でしたが
まさかトートバッグにバンダナまで入れてくるとは!
しかも(偶然だとは思うけど)ベージュのチノパンとは!
しかも買ったわけでもないだろうに
お値段を完璧に憶えてセールストークするとは
さすがだないのっち!(笑)

「井ノ原くんも舞台やってるんだよね。
忙しいのにありがとね」と剛くんがいのっちにお礼。
ちなみにいのっちの舞台はまだ坂本さんしか行ってないそうで
しかも坂本さんはいのっちの楽屋に来ても
「剛かっこよかったよ〜!」とか言ってたそうで(笑)
坂本さんが剛くんライブの終演後にちょっと涙ぐんでたと
いう話になると
「じゃあ俺も今日泣くのかなあ?」と言ってました。

ネタバレになる話の内容は続きに書きますが
意外と大人しかった気がするいのっち。
て言うかふたりとも微妙に照れてた気が(笑)

で、いのっちが自分の席に戻る時に
普通に正面(Dブロ)通路から戻ろうとしたら
剛くんが「こっちだよ!」と何故か私たちの方(BC間)を指差し。
「え?違うだろ!」と言ういのっち。
でも何故か剛くんは執拗にBC通路から帰らせようとするので
(本気で勘違いしてた?)
いのっちはしょうがないから
BC間から下りて遠回りして帰りました(笑)

客席でもいのっちは特に大きな動きはなく
ずっと首を動かしてリズムをとってたり手拍子したり
アンコールでも一緒に手拍子してたり
最後のスタンディングでは一緒に立ってたけど
みんなジャンプしてる中でも手拍子をしていて
なんかお兄さんぽく静かに観ていたなぁ。
(て言うかお兄さんだけど(笑))
あれがもしトニ3人で来てたら
もっとアピールしまくりだったんだろうなぁ。
あ、私そんなにずっと
いのっちばかり見てたわけではないんですよ(汗)
そんなに近かったわけでもないし。
ただ会場の造り的に、とてもいい角度だったんです。

「これでメンバー全員来てくれました」と剛くん。
自分は全然舞台とか行かないくせに
甘やかされてんじゃねーぞ(笑)
でも剛くん、とっても嬉しそうでした。
「そばにいて欲しい」って言ってたもんね。

はー。いのっちの話だけでこんなに書いちゃった。
でもいのっちの話はもうちょっとあるんです。
そんなネタバレも含め、続きから感想など。
続きを読む >>
go comments(2) trackbacks(0)
叫んでやれ
11月1日、V6 HAPPY BIRTHDAYでした。
憶えてましたとも。
剛くんと岡田くんは忘れてたと思うけども(笑)
ちなみに11月1日は私がサイトを始めた日でもあります。
でも私もそんなに記念日にこだわるタイプでもないんですよ。
て言うか、連休お仕事忙しかったー。

ステージに上がって
思いっきり会場をあたためてくれたメンバーも
ステージには上がらずに
客席でぶんぶん手を振っていたらしい岡田くんも
それぞれに愛があると思います。
私は、やっぱりV6が好きです。
13歳おめでとう。


今日もお台場でした。
どこまではまるんだ私?
以下、3日ライブのネタバレ感想です。

頼むDVD出してくれ。出してください。お願い。
続きを読む >>
go comments(0) trackbacks(0)
| 1/3 | >>